風営法とは何ですか。。

風営法

風営法は知っていますか。名前を聞いたことがある人は多いのではないのでしょうか。風営法の正式名称は「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」であり、略称で「風営法」や「風適法」「風俗営業法」などと呼ばれているのです。

1948年に「風俗営業取締法」として施行されたこの法律は、本書で解説するソープやデリヘルなどの性風俗のみではなく、ギャンブル、キャバクラやホストクラブなど、青少年に悪影響を及ぼす可能性のある業種に対して規制をかけること(営業地域の指定、18歳未満の入店禁止や営業時間の規制)を目的とした法律となっています。

安心な風俗サイトは、風俗情報サイトの”よるとも”

 

風営法で顧客は逮捕されることない

風営法とは、あくまで営業する店舗を規制する法律であるので処罰の対象になるのは経営者や責任者、あるいは従業員になります。

もしも、ガサ入れになどに遭遇してしまった時は、参考人として事情聴取を受けることになります。そして家族などに連絡が入る可能性もありますがが、基本的に逮捕されることはありません。

 

風営法が規制している内容

風営法が規制している内容を簡単に以下にまとめました。

1.年齢制限 18歳未満の労働及び入店の禁止

2.時間制限 深夜(午前0時から日の出までの時間)営業の禁止

(風営法により、深夜営業を規制されているため、営業時間は日の出から0時までとなっています。)

3.地域制限 都市条例で定められた区域での営業の禁止

(ただし、デリヘルなどの無店舗型については、現時点では行なわれていません。営業所は除きます)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です