風俗のジャンルには何がある②

風俗のジャンル

  1. デリヘル

デリヘルとは、ピンサロから誕生したサービスのひとつで、無店舗な性風俗特殊営業店と呼ばれ、運営されているサービスです。

新しいサービスであり、店舗型に比べると風営法の規制が緩いことから、最近では最も数を増やしているサービスです。

単価は10,000円~50,000円くらいとなっています。

安心な風俗・デリヘルサイトといえばこちら↓

デリヘル情報のよるとも

 

近年は非公式に本番行為が行われることもありますが、あくまでサービス者の判断にお任せしており、本番行為を希望する人の場合はがっかりするケースが多くなることもあります。

しかし、コスプレなどのオプションが用意されているため、サービス内容の柔軟性は他のジャンルと比べると非常に高く、コスプレ行為を希望する人にはおすすめとなっています。

 

  1. 性感マッサージ

性感マッサージとは、またの名を、回春エステなどと呼ばれるサービスのひとつです。その名の通り、ボディマッサージが主なサービスの内容となっておりますが、最後には性的なサービスを行なうことがあります。

性的なサービスを行なうことというのが要注意で、最後まで男性器に全くノータッチのままで終わるケースもあるため、最終的に自分で静めなければならない場合もありますので、この行為は自家発電と呼ばれていたりします。

単価は6,000円~20,000円くらいとなっています。

風俗店を利用するのとアプリやサイトを利用するのとどちらがコスパが良いのか

「風俗店を利用すると高くつくから、素人の女の子とタダでやりたい」と考える人もいるでしょう。しかし、身体の関係になるまで何度も食事をおごったり、なんだかんだと高くついたうえに、結局最後までいけなかった…ということにもなりかねません。

前記事で紹介したアンケートでは、駅のトイレでやっちゃった…なんてお手軽な女の子のエピソードを紹介しましたが、それとは正反対な回答もありました。答えてくれたのは、都内の有名デパートの紳士服売り場で働くBさん(25歳)。出会いSNSで何度かやり取りした相手と、会ったその日のうちにエッチしたことがあるそうだ。「ITベンチャー企業の役員だかで、かなり羽振りが良い雰囲気でした。初デートは汐留の高級外資系ホテルのバーでした。飲んでいるときちょっと席をはずした彼が、『ここ、今日部屋が空いているみたいで最上階のスイートの予約取れたよ。どう?』 っていうんです。私もこのデートでエッチしようなんて思ってなかったんですけど…こんなホテルに泊まれるなんて、まずないですからね。思わず誘いに乗っちゃいました(笑)」

食事にお酒、宿泊代…一晩でいったいいくらかかったんだろうか?と考えると、サービス代だけですむ風俗店のほうが結局は安上がりだった、なんてことにもなりかねません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です